満中陰志のしきたりとカタログギフト

贈り物に関してはしきたりという物もありますから、結婚祝いなどには包丁などの刃物を贈らない、満中陰志での決まりごとなど、調べて見ると結構中身を考えなければならない場合もあります。

ですがやはりしきたりなどを気にせずに必要なものを相手に贈り物として届けたいはずです。

そういう場合などに利用する事をお勧めできるのが、カタログギフトになるのです。

カタログの中には様々な種類の物が載っていますが、その中に包丁などの刃物系統が入っていたとしても、けしてそれを選んで贈っているわけではないので、必要かどうかを判断し注文するのは贈られた側です。

なのでもしもしきたりなどを相手が気にするのかも分からず、お勧めのカタログなどが見つかった場合などには、それらを贈ることをお勧めします。

満中陰志挨拶状を奉書に墨筆揮毫しているカタログギフト・ショップもあります。

奉書の包み紙にはいっていて、とても丁寧でおすすめです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>