意外と知らない、お歳暮の理由

現在では一年間の感謝の意味を込めて贈られているのがお歳暮ですが、
昔のお歳暮は、ご先祖様への御供え物として贈るというのが一般的だったようです。
お正月に使用人が雇ってくれている相手にあいさつまわりに行くときに、
ご先祖様への御供え物として贈り物を届けたり、
普段取引のあるお得意様回りのひとつとして、お供えものを届けたり、
実家へ帰ったお嫁さんが、ご先祖様への御供え物として嫁ぎ先から持たされたり。
いわゆる日頃の感謝や、今後もよろしくという思いを
御供え物という形を通して暗に伝えるのがお歳暮の役割だったようです。

今は、お歳暮といえば親戚や知人、仕事の関係者などへ
感謝やお礼をあらわす贈り物として普通のことですが、
昔はそれをひけらかすのはマナー違反とされていたのかもしれません。

ともあれ、一年の感謝の意味をあらわすお歳暮は
心を込めた贈り物を相手先に届けたいものですよね。
最近はカタログギフトでお歳暮を届けることも多いようです。
相手先がもらって困らないようにという気持ちも込められるので、
カタログギフトは本当に便利です。

そこで気になるのが、お歳暮の相場です。
あまり高いものを贈ってしまうと、かえって相手に気を遣わせてしまい、
人間関係がぎくしゃくしてしまうことにもなりかねません。
お歳暮の相場は、おおよそ3000円~5000円だそうです。
同じ価格帯のカタログギフトでは、幅広い商品が取り寄せられますので、
お歳暮選びに困ったら、ぜひ一度カタログを見てみてくださいね。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>